作業工程

  • TOP
  • 作業工程

衣類の仕上がり「クリーニングが仕上がるまで」


衣類の仕上がり「クリーニングが仕上がるまで」 衣類の仕上がり「クリーニングが仕上がるまで」 衣類の仕上がり「クリーニングが仕上がるまで」

1.

店舗にてお客様から衣類(クリーニング)をお預かりします。
お預かりした衣類(クリーニング)はスタッフが、チェックし、お客様に預かり票をお渡しします。

2.

衣類(クリーニング)一点、一点に識別用のタグを付けます。
各店舗にてお預かりした衣類(クリーニング)は店舗にて種類、大きさなどで分類され集配されます。

3.

分類された衣類(クリーニング)はそれぞれの最適な方法でクリーニングされ、一点、一点仕上げられます。

4.

アイロンが必要な衣類はアイロン掛けされます。仕上がった衣類の分別を行います。

5.

集配車にて各店舗へ届けられます。

6.

お客様の預かり票と商品を確認しながら、お客様へ衣類(クリーニング)が返却されます。

7.

キャンペーンなどの割引券も衣類と伴にお客様へお渡しします。

クリーニングについて

ドライクリーニングとは

ドライクリーニングとは

クリーニングと呼ばれているもので最も一般的なのが「ドライクリーニング」。
「水」を使わずに洗濯する方法のことを「ドライ」クリーニングと言っています。
ドライクリーニングが主流となる理由には、アクア(水洗い)とは違い、

  • 繊維を収縮させない
  • 小じわができにくい
  • 色泣き(染料にじみ)が少ない
  • 仕上げ工程が簡単

などがあります。

ドライクリーニングの弱点

<油性は落ちるが水溶性は落ちない>

2種類のドライクリーニングはそれぞれ特性がありますが、2種類両方に共通することは「油性の汚れ」は落とすことができるが、「水溶性の汚れ」は落とすことができないということです。
つまり、人が衣類を汚す最大の原因である水溶性の汚れ「汗、尿、血液の汚れ、泥はね」は落とすことができないのです。
*水溶性汚れを落とすのは、汚れの目立つ部分に「前処理剤」をつけて行う部分除去。全体の汚れは落とせません。

衣類の汚れの90%以上が水溶性の汚れといわれていますが、ドライクリーニングを繰り返し、汗やその他の水溶性の成分を永年残留させた衣類は、 黄ばみ・色あせ・風合いの劣化などがおこり、衣類の寿命を縮めているのです!
特に夏の衣類はドライクリーニングでは黄ばみが発生しやすく、その寿命が短くなります!

汗抜きクリーニング

ドライクリーニングでは、落とせない水溶性の汚れを落とすのに用いる方法で、特殊な溶剤をドライクリーニングの溶剤に混ぜて 水溶性の汚れを落とします。
*汗やその他の水溶性の成分を永年残留させた衣類は、黄ばみ・色あせは、落ちません。

 

店舗案内

ハチショップ

工場前本店
工場前本店

〒460-0017
名古屋市中区松原3丁目10-12
(松原小学校西門前)
TEL. 052-321-6031
営業時間:7時~20時
年中無休(盆正月を除く)
⇒MAPを見る

松原店
松原店

〒460-0017
名古屋市中区松原2丁目20-23
(松原2丁目交差点)
TEL. 052-332-0801
営業時間:7時~22時
年中無休(盆正月を除く)
⇒MAPを見る

千代田店
千代田店

〒460-0012
名古屋市中区千代田2丁目16-32
(千代田交差点)
TEL. 052-684-7474
営業時間:7時~22時
年中無休(盆正月を除く)
⇒MAPを見る

御園店
御園店

〒460-0008
名古屋市中区栄1丁目12-29


TEL. 052-204-8003
営業時間:7時~22時
年中無休(盆正月を除く)
⇒MAPを見る

セリーヌ

堀田店
堀田店

〒467-0856
名古屋市瑞穂区新開町28-26
(名鉄堀田駅構内)
TEL. 052-883-0615
営業時間:7時~20時
年中無休(盆正月を除く)
⇒MAPを見る

価格表はコチラ